総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  噴火災害を心にきざむ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  噴火災害を心にきざむ
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  秘書広報課  >  噴火災害を心にきざむ

噴火災害を心にきざむ

総務部 秘書広報課 TEL:0957-73-6622 FAX:0957-82-3086 メールhisyokouhou@city.minamishimabara.lg.jp

 合唱

 今から27年前の雲仙普賢岳災害は、島原半島に甚大な被害をもたらしました。

 大野木場小学校では、9月15日をメモリアルデ―として、毎年、噴火災害の記憶を語り継ぐとともに、防災意識を高める集会を開催しています。

 (今年は15日が週休日のため14日(金曜日)に開催)

 今年の集会では、「災害学習で学んだこと」と題して、5年生児童が実際に「定点」などに足を運んで学習したことをクイズ形式にするなどして発表しました。また、噴火当時、同校に勤務していた下田恭子さんが当時の小学校児童の様子など生々しい噴火体験を児童たちに話しました。

 保護者や地元の人たちも参加し、終わりの言葉では、宮田ゆかりさん(6年生)が「あらためて噴火災害の怖ろしさと復興の大変さを学びました。いつ何が起こるか分からないからこそ、過去の噴火災害や防災についてしっかり学び、未来につなげていきます」と話しました。

最後には、火砕流の被災を乗り越えたイチョウの木をテーマにした歌「生きていたんだね」を全校児童で合唱し、噴火災害の記憶を心にきざみ、後世に伝えることを誓いました。

 

発表1

 発表2

 発表3

 発表4

 下田恭子さんの講話


 熱心に聞き入る児童

 合唱

このページに関する
お問い合わせは
総務部 秘書広報課
電話:0957-73-6622
ファックス:0957-82-3086
メール hisyokouhou@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:7459)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved