総合トップへ総合トップへ
南島原市から世界遺産をTOP  >  分類から探す  >  日野江城跡  >  日野江城跡

日野江城跡

 

 

日野江城は領主有馬氏の居城であり、南北朝時代に築かれたと伝えられている。

 

城は、南北に細長い丘陵の先端部の標高78m付近を本丸とし、東に二ノ丸と大手口、西に三ノ丸、で構成されている。本丸の北方背後には、堀をめぐらせて守り、西側には浦口川、東側には大手川が流れている。

 

イエズス会の報告書に、有馬晴信が石垣や階段を造り、1590(天正18)年に内部の建物を改築したことが記されている。城を訪れたイスパニア商人アビラ・ヒロンの記録には、1595(文禄4)年の城の様子が詳しく描かれている。建物は、いくつもの部屋があり、庭園もある。さらに茶室も備えつけられていたという。

 

発掘調査は二ノ丸一帯で実施し、破壊され埋められていた石垣や階段遺構、多くの陶磁器などが出土した。階段遺構は、約100メートル以上に及ぶ直線的な階段となり、大手と推定される所から本丸下まで一挙に駆け上がる安土城に類似した大手道の階段であった。

 

この階段の北側からは、墓石などの石塔を多く使った階段が出土し、有馬氏の権力と仏教を排してキリスト教を保護した歴史がうかがえる。この階段の袖には、切石をつかった石垣も出土した。当時の城では類を見ない独特な技術で、南方の地域との交流を物語る貴重な資料である。

 

陶磁器は、14世紀から16世紀を主体とした国産陶器・貿易陶磁器が出土している。特に、日本の伝統的な祭礼には欠かせない土師器の出土が多く、有馬氏がヨーロッパと関係を持つ前は、朝廷を意識していたことがうかがわれる。また、金箔瓦の出土は、中央政権との関係を示し、地方の拠点となった城であること示している。

 

1982(昭和57)年7月3日、国指定史跡となる。

 

 

 

 

Hinoe Castle was the the local feudal lord Arima’s mansion during the medieval to early Edo era.  It was believed to be built in the 14th century, Nambokucho era.

 

Hinoe Castle included the main enclosure at 78 meters high, second enclosure in the east and third enclosure in the west.  The front gate was in the second enclosure.  There was a dry moat in the north of the main enclosure.  Two rivers, Urakuchi-gawa in the west and Ote-gawa in the east, which also led to the ocean, made up the strong defenses.

 

The report from Jesuits stated that the feudal lord Harunobu Arima had ordered the construction of stone walls and stairs, along with the interior refurbishment in 1590 (Tensho 18).  A Spanish merchant (Bernardino de) Avila Giron visited Hinoe Castle in 1595 (Bunroku 4) and left detailed notes that there were many tea rooms and gardens in the complex.

 

Archaeological excavations of the second enclosure unearthed the ruins of stone walls, stairs and pottery that had been demolished and buried.  The stairs were over as long as 100 meters long, straight from the front gate to the main enclosure.  It was similar to the ones in Azuchi Castle in Shiga prefecture built for Nobunaga Oda.  There were many stone stupas (pagodas) unearthed on the north side of the stairs.  The stairs were made of those stupas such as the Hokyo and the Gorin stupas that existed in Buddhist temples.  This indicated Arima’s political power to rid the country of Buddhism and protect Christianity.

 

By the side of the stairs, stone walls using cut stones were also excavated.  Ashlar masonry technique was so unique at the time of the castle’s construction in Japan.  This indicated that there were trade relations with Southeast Asia.

 

The excavated pottery included a lot of Chinese and Southeast Asian made craft that were exchanged by trading, together with domestic pottery made in the 14th through 16th century.  At the same time, a lot of unglazed brown ware pottery called “Hajiki” was also unearthed.  “Hajiki” was used for rituals and wassails and that showed the strong bond between Arima and retainers through the rituals.  Also, excavated gilded roof tiles showed influence from the central government.  Gilded roof tiles were often used for the castles built for Hideyoshi Toyotomi.

 

On May 3rd, 1982 (Showa 57), Hinoe Castle Ruins were designated as a National Historic Relic Site.

 

 

 
(ID:4924)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved