総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  健康・福祉  >  福祉  >  高齢者福祉  >  第11回特別弔慰金が支給されます
ホーム  >  組織から探す  >  福祉保健部  >  福祉課  >  第11回特別弔慰金が支給されます

第11回特別弔慰金が支給されます

福祉保健部 福祉課 TEL:0957-73-6651 FAX:0957-82-0217 メールfukushi@city.minamishimabara.lg.jp

 このたび、「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法の一部を改正する法律」に基づき戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第11回特別弔慰金)が支給されることになりました。

 

◆1.特別弔慰金の趣旨

戦後70周年に当たる平成27年の特別弔慰金支給法の改正では、戦没者等の遺族に一層の弔慰を表するため、その償還額を年5万円に増額するとともに、弔慰の意を表す機会を増やすため、5年償還の国債を5年ごとに2回支給することとしました。第11回特別弔慰金は、令和2年4月1日を新たな基準日とし戦没者等のご遺族に支給するものです。
 

◆2.支給対象者

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給。

 

戦没者等の死亡当時のご遺族で

1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

2.戦没者等の子

3.戦没者等の 
(1)父母
(2)孫 
(3)祖父母
(4)兄弟姉妹
 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。  
4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
 ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

◆3.支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

 

◆4.請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで
(請求期間を過ぎると第11回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。)

 

◆5.請求窓口

深江庁舎    深江支所 市民窓口班

布津庁舎    布津支所 市民窓口班

有家庁舎    福祉課 総務高齢班

西有家庁舎   西有家支所 市民窓口班

北有馬庁舎   北有馬庁舎 市民窓口班

南有馬町者   南有馬支所 市民窓口班

口之津庁舎   口之津支所 市民窓口班

加津佐庁舎   加津佐支所 市民窓口班

 

※前回請求された上記窓口で請求されると、円滑に手続きを行うことができます。

 

◆6.請求窓口への持参品

請求者の身分証(保険証等)及び印鑑

※代理人の場合、上記に加えて代理人の身分証、印鑑及び委任状も必要となります。

 

 

※その他、請求に必要な書類(戸籍抄本等)は請求権者によって異なりますので、

請求窓口でご確認下さい。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 福祉課
電話:0957-73-6651
ファックス:0957-82-0217
メール fukushi@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:8444)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved