総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  「福祉のまちづくり」実現に向け高校生視点のアイデア発表
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  「福祉のまちづくり」実現に向け高校生視点のアイデア発表
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  総務秘書課  >  「福祉のまちづくり」実現に向け高校生視点のアイデア発表

「福祉のまちづくり」実現に向け高校生視点のアイデア発表

総務部 総務秘書課 TEL:0957-73-6621 FAX:0957-82-3086 メールsoumu@city.minamishimabara.lg.jp


松本市長(前列左から4人め)と永田教育長(前列左から5人め)と記念撮影
 

「市地域福祉計画等策定に係る高校生によるワークショップ報告会」を2月8日に開催。市内高校生が本市の現状や課題を調査し、高校生ならではの視点で「福祉のまちづくり」実現に向けたアイデアを発表しました。
 本市は「誰もが輝き、支え合いながら、安心して生活ができる共生のまち」を基本理念として、「市地域福祉計画及び地域福祉活動計画(令和3~7年度)」の策定に向けた準備を進めています。
 本市が目指す「ふくしのまち」について理解を深めてもらうきっかけにすることを目的として開催した報告会では、島原翔南高校総合学科の生徒が「南島原市を活気あるまちへ」をテーマに、廃校舎などで地域の特産物を提供するカフェやマーケット、キッズスペースなどを通して地域で交流できる場をつくることなどを提案。
 地域のシンボルであった学校で、子どもから大人まで全ての世代で人と人とのつながりをつくるために、地域住民同士が交流する機会を増やし、安心して子育てができる環境をつくる必要性を訴えました。
 また、口加高校福祉科の生徒は「南島原市の未来のふくしのために」をテーマに発表。
 本市の高齢化率や要介護認定率が全国平均を上回っていることに危機感を感じ、「口加げんき体操」の普及や「介護体験教室」の活動を広げることで心身機能の低下を防ぎ、元気な高齢者を増やせるのではと分析。高校生の取り組みや福祉の魅力をPRし、介護を含めた福祉関連への就業を促し、人財(人材)を確保することで誰もが安心して暮らせる、持続可能な共生社会づくりを目指したいと意欲を見せました。
 両校生徒の発表を受け、永田教育長は「廃校を利活用した提案や細かいデータ分析にもとづいた高齢者のニーズ把握など、実際に地域の集まりに出向いた取組みを聞くことができ、心強く感じた。SDGs(持続可能な開発目標)の1つにも「すべての人に健康と福祉を」と定められており、今回の発表により皆さんがさらに「福祉のまちづくり」実現に取り組んでいくことを期待している」と話しました。
 なお、今回高校生が発表した内容は策定に向けた準備を進めている「市地域福祉計画及び地域福祉活動計画(令和3~7年度)」に掲載する予定としています。

 

■日時:2月8日(月曜日)午後2時
■場所:西有家総合学習センターカムス

 

島原翔南高校生徒の発表

口加高校生徒の発表

口加げんき体操を行う参加者

松本市長と高校生との意見交換

永田教育長激励のことば


このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 福祉課
電話:0957-73-6651
ファックス:0957-85-3142
メール fukushi@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9027)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved