総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  商船三井が創業の地で口加高校生に海洋教育支援
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  商船三井が創業の地で口加高校生に海洋教育支援
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  総務秘書課  >  商船三井が創業の地で口加高校生に海洋教育支援

商船三井が創業の地で口加高校生に海洋教育支援

総務部 総務秘書課 TEL:0957-73-6621 FAX:0957-82-3086 メールsoumu@city.minamishimabara.lg.jp


受講する潮流発電プロジェクト班生徒1

口加高校グローカルコース1年の早崎潮流プロジェクト班は、早崎瀬戸(口之津町)の潮流を利用した発電の有効性などについて探究活動を行っています。
 徳島県の鳴門海峡、兵庫県の明石海峡とならび、潮流が速いといわれている「早崎瀬戸」を題材とし、昨年9月から「日本と世界のエネルギー環境」「地球温暖化」「海洋エネルギー開発」など各分野の第一線で活躍する専門家による講義がこれまで8回行われました。
 このプロジェクトは、株式会社ダイゾーの相川武利代表取締役社長(本市西有家町出身)が、身近な題材を研究してグローバルに活躍できる人材育成につなげたいとの思いから提案し、実現したものです。
 2月10日に行われた第9回講義では、1878年に口之津町で創業し、日本を代表する海運会社である株式会社商船三井の穴田技術部長、泉海洋技術部長から同社が取り組む北極海航路開拓や風力波力など再生可能エネルギー技術開発について説明があり、生徒たちは熱心にメモを取り、質問を積極的におこなっていました。
 これまでの講義を受けた生徒は「エネルギーの必要数量や構造など詳しく学ぶことができた。今後の探究活動に生かしていきたい」「地球温暖化が進む中で、自然エネルギーは環境にも優しく世界でも注目されている。地域資源を活用した取組により、地元に貢献したい」と話しました。
 今後は潮流発電に関するミニチュアの模型を制作し、早崎瀬戸における潮流発電プロジェクトが実現可能であるかの調査を行う予定です。

 

■日時:2月10日(水曜日)午後2時20分
 ■場所:口加高校

 

受講する潮流発電プロジェクト班生徒2

受講する潮流発電プロジェクト班生徒3

受講する潮流発電プロジェクト班生徒4

別室で受講する生徒


このページに関する
お問い合わせは
総務部 総務秘書課
電話:0957-73-6621
ファックス:0957-82-3086
メール soumu@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9028)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved