総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  新型コロナウイルスワクチン接種模擬訓練を実施
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  新型コロナウイルスワクチン接種模擬訓練を実施

新型コロナウイルスワクチン接種模擬訓練を実施


模擬訓練に参加する松本市長

新型コロナウイルスワクチンを安全かつ確実に、希望する市民の皆さんに接種できるよう、南高医師会や南島原消防署協力のもと、集団接種の模擬訓練を27日に実施。南高医師会や市職員スタッフ約40人と、接種対象者役として老人クラブ会員33人の計約73人が参加しました。
 模擬訓練に先立ち、松本市長は「県内で新型コロナウイルス感染者が確認されてから約1年がたち、感染者の増加により一時は県内でも医療体制の危機に陥った。本市においても市外在住者を含めると、これまで10名の感染が確認されている。今回の訓練では作業の確認を一つずつ行い、市民の皆さんが安心して予防接種ができる体制づくりを進めていきたい」とあいさつ。
 模擬訓練では①本人確認や検温などの健康チェック②アレルギーや持病の有無などの問診票記入および保健師のヒアリング③医師による問診票の確認後、注射のデモンストレーション④接種済証の交付⑤2回目の接種予約の順に、本番を想定した接種対象者の動きなど、全体的な流れを確認しました。
 また、接種後のアナフィラキシーの発生による体調不良者が出た場合を想定した、消防署への電話連絡など緊急搬送の手順も確認し、受付からどの程度時間がかかったかの時間測定も行いました。
 模擬訓練終了後、南高医師会の馬場会長らは、問診票の記入による時間短縮、軽装への協力周知、救護所のスペース確保などの課題を挙げ「今回の反省点を踏まえ、本番に向けて万全の体制をとりたい」と話しました。


■期日:3月27日(土曜日)
■場所:深江ふるさと伝承館

 

あいさつを行う南高医師会の馬場会長

会場入り口で検温を行う参加者

受付を行う参加者

問診票の記入と保健師によるヒアリング

注射のデモンストレーションの様子

次回の接種の予約を行う参加者

体調不良者が出た場合を想定し、消防署に報告する市職員

救急車に体調不良者を乗車させる様子


このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 こども未来課
電話:0957-73-6652
ファックス:0957-85-3142
メール k-mirai@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9103)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved