総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  南有馬町上原植樹地が「イオンの里山」第1号に認定
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  南有馬町上原植樹地が「イオンの里山」第1号に認定
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  総務秘書課  >  南有馬町上原植樹地が「イオンの里山」第1号に認定

南有馬町上原植樹地が「イオンの里山」第1号に認定

総務部 総務秘書課 TEL:0957-73-6621 FAX:0957-82-3086 メールsoumu@city.minamishimabara.lg.jp

イオンの里山記念碑

公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役)と本市は「いのちあふれる森の再生」を目指し、市民や全国のボランティアとの協働で、平成22年度から24年度の3カ年でクヌギ、ケヤキなど、55,500本の苗木の植樹を南有馬町上原(うわはる)で実施しました。

この度、上原植樹地が「地球環境」「地域社会」「人と生活」の持続性の実現を目的とした「イオンの里山」第1号として同財団に認定され、その記念碑の除幕式が6月30日に行われました。

記念碑除幕式では公益財団法人イオン環境財団の山本専務理事兼事務局長が「日本古来の里山はこれまで地域に根差し、コミュニティの場として地域住民を繋ぐ役割を果たしてきました。イオンはラテン語で「永遠」という意味があり、この上原の豊かな自然を次の世代に引き継ぐためにも、今後はリモートセンシング技術を活用しながら子ども達への環境教育などを強化し、人々が集えるような空間を目指していきたい」とあいさつ。

南島原市みんなの森守協議会の長橋会長は「このような立派な記念碑を建立していただき大変ありがたい。これまで植樹した苗木の維持管理をはじめ、栗ご飯、タケノコ掘りなど環境教育を目的としたイベントを開催してきた。今後は市民の里山として木々を大切に育んでいきたい」とお礼を述べ、松本市長からイオン環境財団に感謝状などを贈呈しました。

上原植樹地では今年度、「イオンの里山」認定第1号を記念した、桜の植樹を予定しています。


■期日:6月30日(水曜日)

■場所:南島原イオンの里山(南有馬町上原植樹地)

 

あいさつをするイオン環境財団の山本専務理事兼事務局長

お礼を述べる南島原市みんなの森守協議会の長橋会長

記念碑除幕式の様子(左からイオン九州(株)の内田執行役員、イオン環境財団の山本専務理事兼事務局長、松本市長、長橋会長)

イオン環境財団への感謝状を贈呈する松本市長



記念撮影


このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農林課
電話:0957-73-6661
ファックス:0957-82-0217
メール nourin@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9271)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved