総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  南有馬小児童がイオンの里山で環境学習
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  南有馬小児童がイオンの里山で環境学習
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  総務秘書課  >  南有馬小児童がイオンの里山で環境学習

南有馬小児童がイオンの里山で環境学習

総務部 総務秘書課 TEL:0957-73-6621 FAX:0957-82-3086 メールsoumu@city.minamishimabara.lg.jp

樹木の全景を撮影する児童

 公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役)の支援のもと、イオンの里山(南有馬町上原植栽地)でリモートセンシング技術を用いた環境学習が22日に行われました。

リモートセンシングとは、人工衛星などに搭載した観測機器(センサ)を使い、離れた位置から地球表面などを観測する最先端の技術で、植生、土壌や大気の水分量、地表や海面の温度、地表面の変位など地球環境を把握するためのさまざまな情報を得ることができます。

今回は南有馬小学校の6年生27名が3グループに分かれ、それぞれ事前に割り当てられた樹木の樹高、幹周りを測定し、木の全景や葉、幹のナンバーなどを撮影。

リモートセンシングでデータをタブレット端末にあらかじめ読み込ませることで樹木の体積を求め、炭素の蓄積量の測定を行いました。

児童代表あいさつで植松尚子さんは「今回の環境学習で多くのことを学ぶことができた。これからもふるさとの自然を大切にしていきたい」と話しました。

今回調査したデータは、(一財)リモート・センシング技術センターが解析を行い、同校で予定されている、事後学習に活用されます。


■日時:10月22日(金曜日)午前9時30分

■場所:イオンの里山(南有馬町上原植栽地)

 

 

幹周りを測定する児童

タブレット端末を操作する児童

樹木の全景を撮影する児童

あいさつを行うイオン環境財団山本事務局長

お礼の言葉を述べる植松尚子さん

記念撮影



このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農林課
電話:0957-73-6661
ファックス:0957-82-0217
メール nourin@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9481)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved