総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  税金  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  税金  >  個人住民税  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  税金  >  確定申告・国税・県税等  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  税金  >  確定申告・国税・県税等  >  確定申告  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  お役立ち情報  >  市民税について
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  お役立ち情報  >  申請書ダウンロード  >  税金  >  市民税について
ホーム  >  組織から探す  >  市民生活部  >  税務課  >  市民税について

市民税について

市民生活部 税務課 TEL:0957-73-6642 FAX:0957-82-3086 メールzeimu@city.minamishimabara.lg.jp

◇納める人
  1月1日現在、南島原市内に住んでいる人で前年(1月~12月)に所得があった人
  ※市民税が課税される人には県民税もあわせて課税されます。

◇税率
 1.均等割(年額)

  市民税・・・3,500円
  県民税・・・2,000円(このうち500円はながさき森林環境税です。) 
  ※東日本大震災を踏まえて、地方公共団体が実施する防災減災のための施策に

   要する財源を確保するため、平成26年度から令和5年度の10年間に限り、個人

   市民税及び個人県民税均等割に、それぞれ年額500円が加算されています。

 2.所得割

課税所得金額の区分

市民税

県民税

一律

6%

4%

 

Q&A

 Q:私は会社勤務ですが、会社の給与以外の所得が15万円ほどあります。会社の給与は年末調整済みです。20万円以下の所得は申告不要

  と聞いていますが、それで良いのですか?

 A:所得税においては所得の発生した時点で源泉徴収を行っているなどの理由から、給与所得以外の所得が20万以下の場合には確定申告は

  不要とされておりますが、住民税(市県民税)においては、このような源泉徴収制度はなく、他の所得と合算して税額が計算されること

  となりますので、給与所得以外の所得がある場合は市町村に住民税の申告をしなければなりません。

 

 Q:申告が必要な事業とはどのようなものですか?

 A:次の4つ全てに該当するものが事業所得になります。

  1.対価を得て継続的に行われていること。(継続的に収入を得ている)

  2.自己の責任と計算において計画的に独立して営まれていること。

  3.営利性・有償性があること。(利益を得る目的である)

  4.社会的地位が認められ社会通念上事業と認められること。(事業成果の収益で生活している)

       ※趣味の釣り(常に赤字)を漁業として申告する必要はありません。

    家庭菜園(常に赤字)を農業として申告する必要はありません。

 

 Q:私は仕事もしておらず、収入もありません。申告は必要ですか?

 A:収入がない旨の申告が必要です。申告がないと、国民健康保険税等の軽減が受けられない等、諸々の不利益を被る場合があります。

 

 Q:私は若い時にかけた個人年金で暮らしています。私がかけたお金を貰っているだけなので、申告は必要ないですよね?

 A:申告は必要です。個人年金の収入額のうち掛け金を除いた分(支給額-掛け金=増えた額)についてが、所得となり課税の対象となります。

 

 Q:生命保険の満期(中途解約)保険金をもらいました。私がかけたお金を貰っただけなので、申告は必要ないですよね?

 A:申告は必要です。ただし特別控除が50万円あるので、生命保険金の収入額のうち掛け金を除いた分(支給額-掛け金=増えた額)が

  50万円を超えた時に申告が必要になります。複数契約がある場合は、増えた額の合計額で判断します。なお課税の対象になるのは、

  (支給額-掛け金-50万円)×1/2が課税の対象となります。

 

 Q:私は令和3年1月20日にA町からB市へ引っ越しました。令和3年度の住民税はどちらへ納めることになるのでしょうか?

 A:令和3年1月1日現在ではあなたの住所はA町にあったので、その後B市に引っ越したとしても、令和3年度の住民税はA町

  に納めていただくことになります。(所得証明、課税証明もA町でしか発行できません)

 

 Q:私の夫は令和2年の11月に死亡しましたが、昨年中に夫が得た所得に対する住民税はどうなりますか?

 A:住民税は、毎年1月1日現在で住所のある人に対して、その住所地の市町村が課税することになっています。

  したがって、令和2年中に死亡された方に対しては、令和3年度の住民税は課税されません。(2年度の住民税は課税されます)

 

 

このページに関する
お問い合わせは
市民生活部 税務課
電話:0957-73-6642
ファックス:0957-82-3086
メール zeimu@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:552)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved