総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  市民相談センター・消費生活センター  >  注意情報  >  第87号 こんにちは!消費生活センターです『「コンビニで電子マネーを買って」は詐欺』
ホーム  >  組織から探す  >  市民生活部  >  市民サービス課  >  第87号 こんにちは!消費生活センターです『「コンビニで電子マネーを買って」は詐欺』

第87号 こんにちは!消費生活センターです『「コンビニで電子マネーを買って」は詐欺』

市民生活部 市民サービス課 TEL:0957-73-6604 FAX:0957-82-3086 メールshimin@city.minamishimabara.lg.jp

 

「コンビニで電子マネーを買って」は詐欺です!

~覚えのない請求、突然の請求、せかされる支払要求にご注意~ 

 

 

 

●相談事例<1>

 パソコンで無料アダルトサイトを見ていたら、突然『登録料30万円をお支払ください』と請求画面が表示された。電話で問合せると「コンビニでプリペイドカードを買って、裏面に記載された番号を教えて。支払はそれで済む。払わないなら裁判する」と脅された。(60歳代 男性)

 

  

●相談事例<2>

 携帯電話に『有料サイトの未納料金がある。連絡なき場合、法的措置を取る』とショートメール(SMS)が届いた。慌てて電話すると「今日中にコンビニの端末を操作して、出てきた支払用紙を持ってレジで支払って」と指示された。(20歳代 女性)

 

 

 

 

●消費生活センターからの助言

 お金を騙し取るのに、電子マネーを悪用した被害が増加しています。コンビニなどで手軽に購入できるプリペイドカードや電子ギフト券などの電子マネーは、詐欺の相手にカードそのものを渡さなくても、記載された番号を伝えるだけで、カードの価値を相手に渡した(お金を騙し取られた)ことになります。後になって被害に気付いても、いったん相手に渡した価値を取り戻すことは非常に困難です。

 事例(1)はワンクリック請求詐欺、事例(2)は架空請求詐欺の典型的な手口です。覚えのない請求、突然の請求、せかされる支払要求には、安易に返信したり連絡したりしないようにしましょう。特に電話の向こうの他人から「コンビニで電子マネーを買って」と指示されたら詐欺です。もしも相手にプリペイドカードなどの番号を教えてしまった場合は、早急にカード発行会社に連絡しましょう。

 困ったことがあれば、消費生活センターにご相談下さい。

 

 

※「こんにちは!消費生活センターです」では、南島原市消費生活センターに寄せられた相談をもとに、最新の注意情報をお知らせします。

 また、この情報は、『広報 南島原』にも掲載しています。

 

このページに関する
お問い合わせは
南島原市消費生活センター
〒859-2211
長崎県南島原市西有家町里坊96-2
電話:0957-82-3010
ファックス:0957-82-3070
(ID:8165)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved