総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  南島原イオンの里山にバイオトイレを設置 タケノコ堀りもにぎわう
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  南島原イオンの里山にバイオトイレを設置 タケノコ堀りもにぎわう
ホーム  >  組織から探す  >  農林水産部  >  農林課  >  南島原イオンの里山にバイオトイレを設置 タケノコ堀りもにぎわう

南島原イオンの里山にバイオトイレを設置 タケノコ堀りもにぎわう

農林水産部 農林課 TEL:0957-73-6661 FAX:0957-82-0217 メールnourin@city.minamishimabara.lg.jp


左から南島原市みんなの森守協議長橋会長、松本市長、イオン環境財団西原次長、降旗氏

 

公益財団法人イオン環境財団が南島原イオンの里山(南有馬町上原)にバイオトイレを4基設置し、17日に引渡し式が行われました。
 バイオトイレは排せつ物を微生物の働きで分解・処理するトイレのことで、水が少量で済むという利点があります。
 同財団の西原事務局次長から引渡しをうけた松本市長は「市民の環境教育をはじめ、さまざまなイベント活動など、里山のさらなる活用を目指しており大変ありがたい。これからもイオンの里山を大切に育み、市民の里山として将来へつなげていきたい」とお礼を述べました。
 式終了後は、南島原市みんなの森守協議会が主催する「春の竹の子掘りと森林環境体験学習」が行われ、市内小学生親子15組50人が参加しました。
 同協議会は、このイベント開催のために南島原イオンの里山内にある1.4ヘクタールの竹林の整備を5年前から行っており、今回が2回目の開催となりました。
 はじめに、県島原振興局職員による森林学習(○×クイズ)でタケノコの生育などを学び、スタッフからスコップやクワなどを入れる角度や方向など掘り方の手ほどきを受け、竹林に入りました。
 地面から出たタケノコを見つけると、慎重に道具を扱い、掘り出すと歓声が上がりました。
 参加した児童らは「大きいタケノコが採れてうれしい」「タケノコご飯を作ってもらうのが楽しみ」と笑顔を見せました。

 

■期日:4月17日(日曜日)
 ■場所:南島原イオンの里山

 

バイオトイレ

○×クイズに参加する児童

タケノコを掘る参加者


整備された竹林

大きいタケノコ掘れました

大きいタケノコ掘れました

タケノコを手に笑顔を見せる児童

タケノコを手に笑顔を見せる児童


このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農林課
電話:0957-73-6661
ファックス:0957-82-0217
メール nourin@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9134)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。