総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  市民相談センター・消費生活センター  >  注意情報  >  第112号こんにちは!消費生活センターです『ネット上の「もうかる」「お金をあげる」は危険』
ホーム  >  組織から探す  >  市民生活部  >  市民課  >  第112号こんにちは!消費生活センターです『ネット上の「もうかる」「お金をあげる」は危険』

第112号こんにちは!消費生活センターです『ネット上の「もうかる」「お金をあげる」は危険』

市民生活部 市民課 TEL:0957-73-6647 FAX:0957-82-3086 メールshimin@city.minamishimabara.lg.jp

 

ネット上の「もうかる」「お金をあげる」は危険!

~うまい話にはウラがある!慎重な判断を~

 

 

 

 

相談事例

(1)SNSに『1日5分のスマホ操作だけで月収30万円』と広告があり、無料通話アプリで詳しい説明を聞いた。『代表が開発した特別なシステムで80万円するが、1カ月で元を取れるので、借りてでも買う人が多い』と言われ契約した。届いた説明書はネットでも調べられるような一般的な内容で、特別なシステムなどなかった。

 

(2)突然『2千万円援助する』とメールが届いた。お金を受け取るために、さまざまな名目で次々と請求を受けた。毎回「これが最後の手続き」と言われるのに、請求が終わらず、お金が受け取れない。

 

(3)間違いメールをきっかけに若手の芸能人Aとやりとりを始めた。『スマホが没収された。こっちで話そう』と誘導されたサイトはメールの送受信が有料だった。事務所責任者から『利用料と謝礼を払う。Aの力になってあげて』と言われ、やりとりを続けた結果、50万円も使ってしまった。

 

 

消費生活センターからのアドバイス

 インターネット上の「もうけ話」に関する相談が寄せられています。うまい話には必ずウラがあります。

 SNSには”簡単操作”、”高額収入”など魅力的な広告があふれていますが、安易にうのみにせず、慎重に判断しましょう。話が違う、怪しいと思ったら、きっぱり断りましょう。

 メッセージのやり取りや連絡先の交換、謝礼金などを受け取るためにお金がかかるサイトは、やりとりの相手が「サクラ(サイトに雇われた人のなりすまし)である可能性が高いです。相手の言葉をうのみにせず、冷静に判断しましょう。

 困ったときは消費生活センターにご相談ください。

 

  

※「こんにちは!消費生活センターです」では、南島原市消費生活センターに寄せられた相談をもとに、最新の注意情報をお知らせします。

 また、この情報は、『広報みなみしまばら』にも掲載しています。

 

 


>>『こんにちは!消費生活センターです』バックナンバーはこちら

このページに関する
お問い合わせは
南島原市消費生活センター
〒859-2211
長崎県南島原市西有家町里坊96-2
電話:0957-82-3010
ファックス:0957-82-3070
(ID:9490)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved