総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  水無川流域の砂防施設を視察
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  水無川流域の砂防施設を視察
ホーム  >  組織から探す  >  総務部  >  総務秘書課  >  水無川流域の砂防施設を視察

水無川流域の砂防施設を視察

総務部 総務秘書課 TEL:0957-73-6621 FAX:0957-82-3086 メールsoumu@city.minamishimabara.lg.jp

雲仙・普賢岳山頂に堆積する溶岩ドーム

 

 雲仙・普賢岳噴火の大火砕流発生から30年を経過した今もなお、普賢岳山頂には不安定な状態で溶岩ドームが形成されたまま、崩壊の危険を抱えています。
 今回、雲仙砂防管理センターの協力を得て、松本市長と関係職員らが水無川流域の砂防えん堤や溶岩ドームを監視している大野木場砂防みらい館などを視察しました。
 同センターによると、山頂には約1億立方メートルもの火山堆積物があり、平成9年から令和3年までの24年間で、東南東方向に約1.4メートルの移動を観測。年間平均約6センチメートルずり落ちるように動いており、地震や大雨などにより大規模な溶岩ドームの崩壊現象が発生すると、有明海まで約7分で到達すると試算されています。
 現在、同センターでは雨などで発生した土石流により砂防えん堤に堆積した土砂の除石作業を行いつつ、振動センサーやGPS、監視カメラやレーダー機器などを用いて溶岩ドームの動きを観測しています。また、大規模崩壊現象が発生した場合に、素早い避難行動で人的被害を最小化するソフト対策の強化を関係機関と一体となり、取り組んでいます。
 松本市長は「溶岩ドームの移動状況の情報共有など、引き続き連携をお願いしたい」と話し、西島純一郎センター長は「さまざまな情報提供を行いながら、住民の安全を第一に考え事業を行っていきたい」と、今後の防災連携について確認を行いました。

 

 溶岩ドーム状況の調査結果などは、次の同センターホームページで確認できます。
 http://www.qsr.mlit.go.jp/unzen/index.html(雲仙砂防管理センターHP)

 

■期日:12月23日(木曜日)
■場所:島原市内・深江町内


雲仙砂防管理センターで説明を受ける松本市長ら

大野木場砂防みらい館で説明を受ける松本市長

赤松谷川10号床固工で説明を受けている様子

水無川流域

このページに関する
お問い合わせは
市民生活部 深江支所
電話:0957-73-6601
ファックス:0957-72-5551
メール fukae@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9583)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved