総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  「凍結解凍覚醒法」バナナの栽培を開始
ホーム  >  分類から探す  >  市政  >  まちの話題  >  「凍結解凍覚醒法」バナナの栽培を開始
ホーム  >  組織から探す  >  農林水産部  >  農林課  >  「凍結解凍覚醒法」バナナの栽培を開始

「凍結解凍覚醒法」バナナの栽培を開始

農林水産部 農林課 TEL:0957-73-6661 FAX:0957-82-0217 メールnourin@city.minamishimabara.lg.jp

植栽を行う白百合保育園の園児1

 

市では、高収益作物として期待されるバナナの栽培支援を行っています。
 今回、市内2例目となるバナナ栽培を株式会社hotaru(代表取締役 溝田 敏行氏)が開始され、関係者参加のもと記念式典が行われました。
 同社は、岡山県で開発された耐寒性・耐病性に優れ、生育スピードも早い「凍結解凍覚醒法」の苗木200本を導入し、式典後は、白百合保育園(有家町)の園児たちが苗木の植栽を行いました。
 今回植栽したバナナは、無農薬で殺虫剤や洗浄剤などを使用していないため、皮も薄く皮ごと食べることができます。また、糖度は25度と、一般的なバナナの15度を大きく上回り、濃厚な甘さと芳醇な香りが特徴的です。
 溝田代表は「有馬湧水、農業、地元貢献などこれまで頭の中で考えていた事柄がバナナ栽培を通して一つの事業として開始でき、本当に良かった。今後は、日々の管理をしっかりと行い、甘くておいしいといわれるバナナを作りたい」と話しました。
 松本市長は「本市2例目となるバナナ事業が開始され、新規作物の産地化に向けて大きく前進したものと考えている。今後、肥沃な土壌など農業に適した南島原市産バナナが全国に流通し、一大産地となることを期待しています」と話しました。
 植栽を行った園児らは「初めてバナナを植えて、食べるのが楽しみ」と笑顔を見せました。
 植栽した1株から約150本採れ、成熟するまで約10カ月かかります。今回植栽したバナナは来年4月頃に収穫される予定です。

 

■期日:6月16日(木曜日)
 ■場所:株式会社hotaru 農業用ハウス(北有馬町)

 

 

バナナ株2

バナナ株1

抱負を話す溝田敏行代表取締役

 

神事

植栽を行う左から松本市長、溝田敏行代表取締役

植栽を行う白百合保育園の園児2

このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農林課
電話:0957-73-6661
ファックス:0957-82-0217
メール nourin@city.minamishimabara.lg.jp 
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
(ID:9931)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

ホームページについて プライバシーポリシーについて リンクについて リンク集 サイトマップ

南島原市役所   〒859-2211  長崎県南島原市西有家町里坊96番地2    Tel:0957-73-6600  mail: info@city.minamishimabara.lg.jp
※Eメールでのお問い合わせの際は、「@city.minamishimabara.lg.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いします。
〔開庁時間〕月曜~金曜の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
Copyright(C)2016 Minamishimabara City. All rights reserved